名称:龍澤山りゅうたくさん 善寶寺ぜんぽうじ

起源は1100年もの昔、平安時代まで遡ります。「法華験記ほっけけんき」や「今昔物語こんじゃくものがたり」「僧妙達蘇生注記そうみょうたつそせいちゅうき」等の古文書にも登場する【開祖かいそ龍華妙達上人りゅうげみょうたつじょうにん】という法華経ほけきょうの行者がこの地にわたり、草庵を結び名付けて「龍華寺りゅうげじ」としたのが善寶寺の始まりとなります。ある日、妙達上人が法華経を読通どくじゅしていると、若く美しい娘と老人が現れました。上人は二人がかつて、金峯山の天池で見かけた龍である事を見抜きました。二人を呼び何者かと聞くと老人は「以前、釈迦の教えを受けた八大龍王はちだいりゅうおうの第三の龍【沙喝羅しゃから】である。三女の【龍女りゅうにょ】と伴に法華経の教えと功徳を得たい」と願いました。二龍神の願い受けて上人が法華経を読所どくじゅすると、二人は姿を龍に変え貝喰の池かいばみのいけに身を隠しました。その後、1309年曹洞宗大本山總持寺二祖そうじじにそ・善寳寺開祖の峨山韶碩禅師がさんじょうせきぜんじは妙達山に巡錫じゅんしゃくし、妙達上人の坐禅石に坐禅をしていると龍神様が現れました。峨山禅師は二龍神に仏戒ぶっかいを授けると歓喜して、貝喰池に姿を消したと言われます。

峨山禅師がざんぜんしより七代後の善寳寺開山ぜんぽうじかいざん太年浄椿大和尚たいねんじょうちんだいおしょうは1447年龍華寺を復興して伽藍がらん建立をはたし、龍澤山と号し、善寳寺と改められた。その受戒会じゅかいえに再度、龍神様が現れ戒脈伝授かいみゃくでんじゅを願いました。

「我は八大龍王の一人なり。ともなえるは第三の龍女なり。さきに妙達上人の甘露かんろ妙典みょうてんの功徳を受け、更に峨山禅師がざんぜんじに参じて戒を受け、ここに太年禅師たいねんぜんじには授戒じゅかいで血脈を授けられ、不退転ふたいてんの法楽を得たり。我眷属けんぞくひきいて尽未来際じんみらいさい、この御山を守護せらん。我に祈請するものあらば、必ず心願成就しんがんじょうじゅせしめん」と言い終わるや迅雷烈風天地震動じんらいれっぷうてんちしんどう、貝喰の池に身を蔵しました。

太年禅師たいねんぜんし龍王殿りゅうおうでんを建立し、奥の院の貝喰の池には龍神堂を建立し、龍神様をお祀りし、今日に至ります。

本堂

薬師如来やくしにょらい薬壺やくこを持ち病気を治す仏様

ご利益:【病気治癒/健康長寿/災難除去/安産祈願/現世利益】

日光菩薩にっこうぼさつ薬師如来に従い病気の人々を救済する菩薩。太陽の如く光を照らして苦しみの闇を消してくれる。

ご利益:【健康長寿/病気治癒/災難除去】

月光菩薩がっこうぼさつ薬師如来に従い病気の人々を救済する菩薩。月の光のようなやさしい慈しみの心で煩悩を消すといわれています。

ご利益:【健康長寿/病気治癒/災難除去】

十二神将じゅうにしんしょう…薬師如来の世界とそれを信仰する人々を守る

ご利益:【身体健全/病気平癒/延寿/災難除去/現世利益】

龍王殿

二大龍王尊にだいにゅうおうそん…善寶寺守護神。水の神。

<龍宮龍道大龍王りゅうぐうりゅうどうだいりゅうおう八大龍王の第三の龍 沙喝羅しゃから)/戒道大龍女かいどうだいりゅうにょ(龍女)>

ご利益:【心願成就/航海安全/大漁満足/五穀豊穣】

五百羅漢堂ごひゃくらかん

安政2年(1855年)建立。531体もの羅漢像は顔の作り・表情も、着物の模様のデザインからポーズまで一つとして同じものはなく、衣の模様やデザインに至るまで同じものはありません。北前船で財を成した商人達の寄進によって建てられた、北前船西回り航路の繁栄を感じさせる貴重な文化的遺産です。「亡き人の面影しのぶ五百羅漢」と詠われるように、かつて写真のない時代には亡くなった人に似た顔を五百体の中から見つけて、そこに手を合わせたと言われます。正面は釈迦三尊、十大弟子が祀られ、柱上には風神雷神、左右台座上には東西南北を守護する四天王が安置されしております。現在東北芸術工科大学様の協力の下、五百羅漢像の修復に取り組んでおり、一体一体丁寧に修復作業を進めております。

五重塔

大日如来だいにちにょらい…生命の源。もっとも位の高い仏様。

(中央)

ご利益【現世安穏/所願成就/また、未・申年生まれ守り本尊】


釈迦如来しゃかにょらい…仏教の開祖。

(正面)

ご利益…【生きとしいけるものを苦しみから救う】


宝勝如来ほうしょうにょらい…いろいろな宝物を生み出し、福徳を授ける仏様。

(南方)

ご利益【病気治癒/無病息災/滅罪の功徳】


阿閦如来あしゅくにょらい…本来の心の安らぎである菩薩心を持つことが大切だと説く仏様。

(東方)

ご利益【病気治癒/無病息災/滅罪の功徳】


阿弥陀如来あみだにょらい…亡くなった人を極楽に迎え入れてくれる仏様。

(西方)

ご利益【極楽往生/現世安穏/また戌・亥年生まれ守り本尊】

貝喰の池

守護二龍神が身を沈められた池。今も人面魚が棲んでいます。

龍神堂

二大龍王尊にだいにゅうおうそん…善寶寺守護神。水の神。

<龍宮龍道大龍王りゅうぐうりゅうどうだいりゅうおう八大龍王の第三の龍 沙喝羅しゃから)/戒道大龍女かいどうだいりゅうにょ(龍女)>

ご利益:【心願成就/航海安全/大漁満足/五穀豊穣】

連絡先

住 所    山形県鶴岡市下川字関根100
アクセスJR鶴岡駅から湯野浜温泉方面バスで30分 善宝寺下車すぐ
山形自動車道 鶴岡I.Cから車で10分
日本海東北自動車道 鶴岡西ICから車で15分
駐車場100台
問い合わせ龍王尊 祈祷道場 龍澤山 善宝寺 0235-33-3303 
ご祈祷・5時30分 朝祈祷
・8時祈祷
・10時祈祷
・12時祈祷
・14時祈祷
・16時祈祷
ご祈祷の所要時間はおよそ20分~30分程度です。
365日 毎日厳修
御朱印
H P善寶寺